妊娠したい夫婦必見!葉酸サプリで元気な赤ちゃんを出産する

微笑むナース

男性の不妊治療

落ち込む男性

なかなか妊娠できない夫婦は最近は多くなっています。日本が子供の作りにくい環境であるため、子供作ることを先延ばしにしている夫婦もいます。そしていざ自分たちの子供が欲しいと思っても簡単に出来るものではありません。妊娠しない原因は女性だけが原因とは限らないので、パートナーの男性が原因の可能性もあります。ですから不妊治療を行なう時は夫婦で行ないましょう。男性に原因があるのに、女性ばかり熱心に不妊治療を行なっても妊娠することはないでしょう。

それでは男性の不妊治療では何をするのでしょうか。一番最初にすることは、精液検査です。もともと男性に精子が存在していない場合もあるので、精液検査を行なって、正常な精子を確認することが大事です。検査内容も様々です。精子の有無を調べることが目的の一般的な検査の他にも、特殊精液検査もあります。特殊精液検査では、男性の精子の濃度、運動量、精子奇形の数や白血球の数を調べることが出来ます。

これらの検査を行なうためには、男性は一週間前から準備しておかなくてはいけません。通常精液検査を予約した場合、一週間程度の禁欲が必要だからです。禁欲をすることで正確な検査結果が出ます。禁欲期間が短いと、精子の活動量が少なくなり、一週間以上禁欲してしまうと精子の濃度が濃くなることもあります。最適な期間禁欲を行ないましょう。残念なことに日本の男性は精液検査に非協力的な人が多くいます。女性は男性とよく話し合って、精液検査を受けるように誘導しましょう。